So-net無料ブログ作成

自由の女神風パイプラインと用水弁。 [駅部落]

130322+.jpg

彦崎にはいたるところに
このような用水弁が見あたる。

「用水弁」。
こんな名前でいいのか、
適当だが倉敷川と彦崎の川の水位を
調整するための水門だ。

噂では2年前の彦崎洪水の原因は
この用水弁の開け閉めジャッジが原因と言われてるとか
言われてないとか。
噂ではこの弁の開け閉めの権利は
対岸の藤田側にあるとか、ないとか。
しかし、そんなことがあるのか?

そんなことより
この自由女神の帽子のような
バーベキューのような四本の串がきになる。
普通に考えれば通行防止ということか、人間の。
というのも向こう側の県道22号線とこちら側の
人間の渡る場所は前後に100-200メートル先。
危険でもここを渡りたくなるのは人情。

なので「自由の女神」王冠なのだ。

しかし、よく目にする左のハンドル。
回したくなるのも人情。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 2

demitasse

この水門の開閉ジャッジは、なんと我が家。現南区役所から委託され、カギを渡されます。彦崎中(レックタウン含め)の生活排水と共に、倉敷川へ流れます。大雨のときは、児島湾の潮位と合わさり倉敷川から、水が逆流してくるのです。道路を境にして、両方に水位計が設置されていて、倉敷川のほうから、水門を超えるレベルになった時、この排水ポンプを作動させます。
つまり、水門を閉めて排水するわけです。
区役所から渡されるマニュアルには、操作法などが書いてありますが、最後には、『排水処理出来ないとおもったら、すぐに避難して下さい。』
と記してあります。
by demitasse (2013-03-23 19:25) 

itavoon

まじっか!demiさんが管理しとったのか。3年前の洪水の時はどうだったか興味あるな。マルナカが浸水したときどうだったんだろう。ということは藤戸説はガセネタだったのね。ご苦労様です。

by itavoon (2013-03-25 16:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0