So-net無料ブログ作成

希少な彦崎家屋。 [駅部落]

 

130329.jpg

ほんとうに数少なくなった
彦崎木造二階建て。

駅前の一部。磯の板倉美容室脇よこ小道。
奥谷いや片屋か。札場公民館近く。大久保。大谷と
ほとんど20%は切ったであろう旧木造建築。

あの両開き引き戸の薄っぺらといい。
なつかしいデザインだ。
全面板塀で、雨の少ない彦崎ならではの持ち用だ・
現在ではほとんど見ない葦原葺き屋根の超古民家より
このあたりの時代の木造が懐かしい。
木枠の8枚窓も懐かしい。
この家は網戸入れがあるから少し新しいのだろうか?

3年前の写真だから今はもうなかったりして。
しかし浜通は彦崎には少ない雨が似合う。
というかしとしと雨を思い出す、
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 1

コメント 2

吹田市民

昭和は遠くなりにけりですね。大阪でも文化住宅がバタバタと解体され、跡地に3階建ての狭小住宅がにょきにょきと建てられていますね。
by 吹田市民 (2013-03-29 20:56) 

itavoon

これもまた30年後にも懐かしい風景になるのでしょうね。そうんなように歴史は塗り替えられてきたのでしょう。「故郷の思い」はその年代によって少しずつずれているのですね。あたりまえなようだけど、そういうのがおもしろいですね。ほんと私の彦崎は1970年代まででとまってますから・・・。

by itavoon (2013-04-01 14:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0