So-net無料ブログ作成

空撮/地図で考える彦崎。 [岡山・倉敷・玉野全般]

170719.jpg



左手前の川沿いの窪んだ部分が彦崎。この21世紀では当時考えられなかった
googleeartthなるものがあるので簡単に
彦崎とその周辺が把握できる。
空からのあらゆる位置、角度から見ることができる。
その制度はほぼリアルなものに近いのだろう。
しかし、そこは疑似3D。
実写に勝るものは無い。
とくに彼方にある町は歪み実感がわかない。

そこでこの実写の空撮。
南西の遠くに児島市内が見る。
故に距離的には山ふたつ越えれば児島の町とは
思ったより近い。
というのも彦崎から児島市までゆくには
当時では自動車。
植松から林を抜け、
水島の入り口を左に
旧児島鉄道と並走する道路を南下する。
というかなりの迂回ルート。
なので来るまで3-40分はかかる。

しかし、この空撮を見れば山二つ分。
距離的には宇野線でいえば八浜アタリ。
そいいえば瀬戸内線が出来たいまでは
植松駅から3つめの駅だ。
宇野は母に実家だが
児島も少し見直してもいいのかも。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0